複数の利用レシートの解説》これまで述べた明細レシートの解説

クレジットをショップで使う時に、体験したことがおありかと思いますがレジの担当者が不慣れなためどちらのレシートを利用者の方へ提示するべきか迷っていることがおありかと思います。

といいますのも、クレジットを使うとレジ端末の方から3枚1組の使用明細というものが吐き出されるからで、それらのどのレシートをカード利用者へ差し出して良いのか迷うということがあります。

複数の利用レシートの解説》これまで述べた明細レシートの解説はどういうものなのかということの概要は、下の通りです。

1お客様へ渡さなければいけない利用明細。

2店舗で保管する利用レシート。

3カード会社控え利用レシート(署名を書くレシート)。

通常であれば利用者のもとへ保管してもらう明細レシートを受領するのですが、たまに店舗で保管する利用レシートを利用者側へ間違って渡してしまうというということや、サインされた側の紙自体を渡してしまうといった痛恨のミスさえもあります。

特にアルバイトの担当者などや普段からカードが使われない店舗の会計において提示すると店員の焦りというものが体験できることでしょう。

いつか従業員が誤った方の使用レシートを渡そうとした暁には「違いますよ」と一言直してみてはいかがでしょうか。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.chaoooo.com All Rights Reserved.